バンドで青春パンクをアイドルへ

Works

Dream Boys Anthem(CRIB⑥)

 

谷内勇斗
作詞・Rap詞

谷内翔太
アレンジ(編曲)・トータルドラムアレンジ・ドラムレコーディング・レコーディングトータルサポート・ディレクション・エンジニアリング・エディット・ミックス・マスタリング

竹之内一彌
アレンジ(編曲)・トータルギターアレンジ・ギターレコーディング

影田穂高
アレンジ(編曲)・トータルベースアレンジ・ベースコーディング

バンドで青春パンクをアイドルへ

実際に演奏をし、スタジオにてジャムとヘッドアレンジを重ねてアレンジを決定するバンド方式で仕上げてます。
レコーディングは全てM/A/Fで行い、マイクからケーブル、ミックス等の全てにおいてM/A/F完結です。
最後まで作り込めるからこそのパンク。

バンドアレンジまでを見通した楽曲制作。
ポップロックでは要となるギター・ベース・ドラムスでは、ミュージシャン同士のヘッドアレンジリハを行っています。
スタジオでのリハを重ねて最高のバンドアレンジを作り上げ、その後レコーディングを行い納品となります。

王道ポップロックの楽曲制作 〉

M/A/F 制作コンテンツ

音楽レーベル・芸能プロダクションを運営している株式会社mad-phatでは、常に最高レベルのコンテンツ制作を追求しています。