Native Instruments Maschine2 Studioドラムマシーン・MIDIコントローラー

機材紹介

Jeremy Ellis plays MASCHINE STUDIO | Native Instruments

NI(Native Instruments)のサンプラー、アレンジャー、ミキサー、FX、内蔵オーディオインターフェイスを装備したハードウェア&ソフトウェアの統合システム。それがMaschine(マシーン)です。

音色がそのままハイクオリティーな音楽に

DAWベースでの制作が譜面的な制作と位置付けるならば、Maschineでの制作はライブ的な要素を多く含んだ制作が行えます。

16個のパッドには3D的な奥行きがあり、1つのパッドに88鍵盤が載っているようなイメージです。
ループをそれぞれに割り当てた小節で行うことができ、曲の構成を手軽に組み替えることも可能です。

Maschineスタジオではコントローラー部に2つのカラー液晶画面が搭載されており、制作中はPCウィンドウを見ずにコントローラーのみを使った制作がとても便利です。