初めて買ったマイクの話

社長の谷内翔太です。

今回の機材紹介では初めて買ったマイクの話を!

今となっては笑い話ですが、初めてボーカルのレコーディングを任された時、僕はSHUREのSM58(通称ゴッパー)を用意して録りました。(笑)

知識は全ての始まりです。何もわからなかったのです。

録り終えてデータを開いて、すごいモコモコした音でとても困り果てて、最終的にEQで調整して完成させました。

そこで勉強したところ、ゴッパーはライブ用途としてどメジャーな素晴らしいマイクであることに変わりはないのですが、根本的にレコーディングでは使われないと知りました。

それはマイクの作りがそもそも違うのだと。

SHURE SM58(SM58-LCE)は「ゴッパー」の愛称で親しまれ、世界中のミュージックシーンで圧倒的な支持を受けロングセラーを続けるマイクロフォンの傑作。あらゆる音源の魅力を引き出す歯切れの良いサウンド。

ダイナミックとコンデンサー

マイクにはダイナミックマイクとコンデンサーマイクの二種類があります。

ゴッパーはダイナミックマイクで、ミキサーへケーブルを繋げばすぐに音が出ます。

しかしコンデンサーマイクはつないだだけでは音が出なく、ファンタム電源という電力供給をミキサーからマイクへ送ることにより機能するマイクです。

まだまだ無知だった若い頃、

「じゃあコンデンサーマイク買おう!」

と思い立ち楽器屋へ行き、また自分の無知さに悲しくなりました。

コンデンサーマイクの価格に。。。(笑)

10万前後が一般的で、安くても5万前後。。。

しかし、その場で録り音が確認できるデモンストレーションを行っていただいたのですが、録り音はキラキラ。納得です。

買えずに帰宅。

そして見つけました。3万以下のコンデンサーマイク!

3万どころじゃないです!

19,800円!!!!!

速攻で購入しました。

機材で成長

武器を手にした気持ちでした。

マイク繋げてヘッドフォンで聴くと、ただおいているだけなのに家の外の音まで聞こえてきます。

なるほどと。これは逆にライブじゃ使えない。

全くの別物だったんですね。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクは。

ちなみにコンデンサーマイクはダイナミックに比べて壊れやすくデリケートな機材で、とりわけ湿気にはとても弱いらしいです。

しかしこのロードは全く壊れなかった。

ラジオも録ってましたので、若い頃はこのマイクにとても助けられました。

初めてのマイク、ゴッパーとロードコンデンサーの話でした!

関連記事

  1. ウェブの話

  2. Instagram翔太

  3. SMFリハ

  4. 曲のランキングとは

  5. ドラマー、デニス・チェンバース。

  6. 【YouTube】最近ハマってるシリーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018.09.22

    名曲を選曲!

  2. 2018.08.25

    【作詞物語】第一話 Dream Boys Anthem…

  3. 2018.08.25

    SHUGYO争プロジェクトとV×S合同ユニット

  4. 2018.08.25

    脱虚弱

  5. 2018.08.12

    【YouTube】最近ハマってるシリーズ

  1. 2018.07.04

    うーたんです!

  2. 2018.07.05

    無個性とエゴと協調性

  3. 2018.07.06

    【歌ってみた】今と昔

  4. 2018.07.19

    【対談】男らしさとは?

  5. 2018.07.07

    【作曲物語】Days(Prism)

月別