初めて買ったマイクの話

社長の谷内翔太です。

今回の機材紹介では初めて買ったマイクの話を!

今となっては笑い話ですが、初めてボーカルのレコーディングを任された時、僕はSHUREのSM58(通称ゴッパー)を用意して録りました。(笑)

知識は全ての始まりです。何もわからなかったのです。

録り終えてデータを開いて、すごいモコモコした音でとても困り果てて、最終的にEQで調整して完成させました。

そこで勉強したところ、ゴッパーはライブ用途としてどメジャーな素晴らしいマイクであることに変わりはないのですが、根本的にレコーディングでは使われないと知りました。

それはマイクの作りがそもそも違うのだと。

SHURE SM58(SM58-LCE)は「ゴッパー」の愛称で親しまれ、世界中のミュージックシーンで圧倒的な支持を受けロングセラーを続けるマイクロフォンの傑作。あらゆる音源の魅力を引き出す歯切れの良いサウンド。

ダイナミックとコンデンサー

マイクにはダイナミックマイクとコンデンサーマイクの二種類があります。

ゴッパーはダイナミックマイクで、ミキサーへケーブルを繋げばすぐに音が出ます。

しかしコンデンサーマイクはつないだだけでは音が出なく、ファンタム電源という電力供給をミキサーからマイクへ送ることにより機能するマイクです。

まだまだ無知だった若い頃、

「じゃあコンデンサーマイク買おう!」

と思い立ち楽器屋へ行き、また自分の無知さに悲しくなりました。

コンデンサーマイクの価格に。。。(笑)

10万前後が一般的で、安くても5万前後。。。

しかし、その場で録り音が確認できるデモンストレーションを行っていただいたのですが、録り音はキラキラ。納得です。

買えずに帰宅。

そして見つけました。3万以下のコンデンサーマイク!

3万どころじゃないです!

19,800円!!!!!

速攻で購入しました。

機材で成長

武器を手にした気持ちでした。

マイク繋げてヘッドフォンで聴くと、ただおいているだけなのに家の外の音まで聞こえてきます。

なるほどと。これは逆にライブじゃ使えない。

全くの別物だったんですね。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクは。

ちなみにコンデンサーマイクはダイナミックに比べて壊れやすくデリケートな機材で、とりわけ湿気にはとても弱いらしいです。

しかしこのロードは全く壊れなかった。

ラジオも録ってましたので、若い頃はこのマイクにとても助けられました。

初めてのマイク、ゴッパーとロードコンデンサーの話でした!

関連記事

  1. 【YouTube】最近ハマってるシリーズ

  2. ミックス多いな!夏だからか!違うか!

  3. 【作曲物語】destiny(スチームガールズ)

  4. ドリーム・シアターを叩く

  5. 音楽やエンタメの価値

  6. 【対談】男らしさとは?




  1. 2019.03.13

    図工が好きな小学生

  2. 2019.01.14

    太陽と星

  3. 2019.01.08

    音楽やエンタメの価値

  4. 2018.12.28

    ご無沙汰でしかも年末!

  5. 2018.09.22

    名曲を選曲!

  1. 2018.07.15

    ゴッパーの話

  2. 2018.07.24

    【作曲物語】ハ二トンのテーマ(ぱー研!)

  3. 2018.07.07

    【こんな曲コピーしてましたシリーズ】Earth Wind…

  4. 2018.07.04

    うーたんです!

  5. 2018.07.07

    【作曲物語】Days(Prism)